公明党晴ればれレポート川崎市議会議員 山田晴彦
 
実績
グラフ
 
居住
シルバーハウジングやケアハウスの拡充に向け推進しています
 
県営南台団地下のマンション、建設途上に中止になったところに不法投棄、区役所等関係機関に働きかけ防止柵を設置し解決する
 
野川地番の民家の駐車場前に長期間にわたり放置自動車があり、住民からの連絡で撤去する
影向寺台橋付近の不法投棄の対応として投棄できないよう防御柵を設置
野川台付近のケヤキの街路樹、新緑の頃につくアブラムシで沿線住民に被害、枝の剪定をする
 
野川地番の狭隘道路、車が通るたびに側溝のふたが音を立て煩い、10年来騒音の悩みに対し、側溝のふたの振動が起こらないよう対応
 
有馬地番の街路樹下の根により隆起した歩道の補修
 
有馬不動公園(通称ゴリラ公園で親しまれている)にある遊具のゴリラの鼻が壊れていて危険であるとの連絡を受け修復
有馬中央公園内の時計が落雷のために壊れたとの連絡を受け修繕する
馬絹陸橋下公園にトイレを設置して欲しいと、地元老人会から要望があり、現在陳情署名活動を実施中
鷺沼2丁目先および馬絹地番にユスリカが発生、保健センターに駆除をさせる
 
市営宮崎団地および市営有馬第2団地の階段に手すり・スロープ等バリアフリーを進める
馬絹地番の私道の舗装化(2箇所)を実施
 
有馬野川生涯学習拠点施設の建設を推進
 
矢上川の整備(親水化) 2007年度完成
 
市営有馬第1団地内に公園が誕生
自治会長の岡崎美恵子さんを代表に2684名の署名を集め議会に請願、16年3月に「植木の里公園」完成
 
安全
□ 稲荷坂交差点に信号機を設置
南野川地区交通安全・防犯を進める会の篠崎郷代表は、野川町内会長の和田信義氏・青木敏氏と共に4760名の署名を集め宮前土木事務所に提出、15年1月に信号機が設置
□ 東有馬2丁目に信号機を設置
東有馬の交通安全を守る会の鈴木勝間代表は600名の署名を集め議会に提出、審議の結果趣旨採択となり、17年4月に信号機が設置
□ 馬絹市道132号線(ハッピーストアーから金山トンネル)の道路点検と安全対策
地域の代表と子供会会長の坂本敬三氏は3000名の署名を宮前土木事務所に提出、15年1月に路側帯、3月過ぎにはカーブミラー、警告看板、かまぼこ道路の改修を実施
□ 鷺沼小学校周辺の安全対策
市道鷺沼52号線および市道有馬120号線道路に横断防止柵の整備と道路照明の設置
□ 宮崎中学校内の歩道が近隣に住む人にも利用され、歩道に設置された足下灯の照明時間の延長をする
 
□ 宮崎中学と梶ヶ谷小学校の通学路であり、道路が狭隘のために安全対策として左右に路側帯を引く
 
□ 市営有馬第2団地内を南北に通る道路は有馬小学校の通学路、中央に位置する加藤商店前の交差点にカラー舗装し左右に路側帯を引く
□ 有馬小学校南側の歩道のフェンスが老朽化していて危険なため、新しいフェンスを設置
□ 野川地番の浸水地域の改修、豪雨になると冠水し汚物等が流れ込み、大変に困っていたために下水対策、浄化槽に対し逆支弁を設置
□ 鷺沼2丁目公園にある滑り台の降り場がコンクリートがむき出しになり、危険であるとの報告を受け修復
□ 市営野川西住宅東側の低地の水害対策を行う
 
□ 東有馬地番・野川地番の雨水対策を実施
 
□ 馬絹と小台の境界線には一つ目信号機があるものの、勾配で見通しが悪く事故の多発地点、17年4月地域から三つ目信号設置の要望があり区役所へ陳情、その後その地点で死亡事故も発生した事で警察署も県警に申請中
□ 南野川小学校付近の狭隘道路にカーブミラーを設置
 
□ 野川台公園前に両面のカーブミラーを設置
 
□ 野川と馬絹の境界線にある駐車場脇にカーブミラーを設置
 
□ 馬絹保育園脇にカーブミラーを設置
 
□ 馬絹市道馬絹132号線のT字路にカーブミラーを設置
 
□ 馬絹地番の狭隘道路の変則交差点に2ヶ所、カーブミラーが設置される
 
□ 馬絹地番のT字路にカーブミラーを設置
 
□ 東有馬地番の狭隘道路のT字路にカーブミラーを設置
 
□ 県立北高校西側の交差点にカーブミラーを設置
 
□ 有馬パークフォームズマンション前にカーブミラーを設置
 
□ 宮崎小学校通学路の路側帯・スクールゾーン表示
 
□ 東有馬2丁目先の交差点脇の水路の上を整備して安全な歩道を2005年8月に完成する
 
交通
交通不便地域でのミニバス・コミュニティ交通の運行に向けて有馬・東有馬地区および野川南台地区で推進しています。
 
   
 
 
子ども
平成17年4月までに、全中学校にスクールカウンセラーを配置する
 
小・中連携のために、心のかけはし相談員を小学校に配置し拡充を図る
 
中学校給食が平成16年度までに全校で実施する
 
保育園待機児童の解消と夜間・休日・延長・一時保育の拡充に向けて推進を図る
 
市内3箇所目の病後児保育を平成21年度までに開設をする事になる
 
 
医療
平成18年度、市立井田病院に会計待ちの短縮化のためのオーダリングシステムを導入する
 
緊急医療情報としての「かわさきのお医者さん」の表示がさらに分かり易くなる
 

copyright © 2007 YAMADA Haruhiko All Rights Reserved
test 交通 子ども 医療 安全 居住